銀座とハッセルブラッド。

f:id:gyoranzaka:20150924105506j:plain

 私はハッセルブラッドというフィルムのカメラを持っている。久しぶりにフィルムが手に入ったので装填してシャッターを切ったのだが…。

 シャッターは切れたものの、それからあとの動作が一切、できなくなった。フィルムを巻き上げるノブが回らない。

 銀座はかつて和光のところにPXがあった関係上、日本製カメラを扱う店が沢山ある。当然、修理店も沢山ある。ワタナベカメラサービスという修理店もある。

 銀座に行こうか新宿に行こうか迷った挙句、新宿行きのバスが出たばかりなので地下鉄で銀座に出た。

 もう何年も取り引きがないが、かつて懇意にしていたカメラ屋がある。何百万と使ったのではないか。

 そこに持ち込んだところ、店頭で直るかもしれませんよ、と言われる。そうなればラッキーだ。

 しかし… レンズを取り外すことができたのだけど(ハッセルブラッドは巻き上げないとレンズが外れない)巻き上げはできませんね、とのこと。

 見積もりを出してもらおうと思ったのだけど、それだけで数ヶ月かかるとのこと。店員さんの経験からいって3万円前後ではないかとのこと。

 あいたたたた… なんでフィルムカメラがタダ同然になって同じモデルの新品同様のものが10万円しないで手に入るのに3万円も出さなければならない。

 周利は見送りますといって持ち帰ってきた。このカメラだけで2キロ近くあり、修理に出した後で遊んでくるつもりでディジタルカメラを持ってきた。

 それが、来たとき以上に重くなり(分解してもらったので、それぞれを梱包材で包んでもらった)遊ぶどころではなくなった。

 そのまま日比谷公園に出て花見をしようと思ったのに(泣)。銀座滞在時間、数十分。前の職場が丸の内にあり、銀座にも友人が勤めているのに訪問できなかった。