ブロガー。

 この前、私に絡んできたインチキブロガーの話は書いた(と思う)。今日、机に向かうが捗々しくなくネットを見ていたのだが、自称「プロ」のブロガーなる人たちが沢山いることを知った。

 彼らの特徴として

  • 自分大好き
  • 自分のことを語るの大好き
  • 社会不適合者

ざっくり、この3点が挙げられる。判っているのか判っていないのか、著作権表示があって、それも「©サイト名」となっていて、クリックしてもサイトのトップページに飛ぶだけ。

内容も「俺はブログで食ってんだぜー凄げーだろー」といったものばかり。私が見たものが、そういうサイトばかりなのか知らないが、本を出していますといっても聞いたことがない出版社で、調べてみると自費出版の出版社だったり(苦笑)。

なんか、我々が若いときに同人誌が流行ったが、個人のブログは同人がいないだけ独りよがりな感じがする。他人様に読ませようというのに誤字脱字が多かったり。こんなんでプロだったら、誰だって食えるって(笑)。私なんか自分のブログなんて大したものだと思っていないもの。