騙されてませんか?

 私はサラリーマン時代、経理ではないけど事務系専門職だったので、仕事の一部に「請求書のチェック」というのがあった。同僚はサボって経理から注意を受けていたが、そんなに不正な請求などないというのが通念なのだろう。

 しかし、キャンペーンだからと踊らされた先日の携帯電話の機種変更。 

gyoranzaka.hatenablog.com

 キャンペーン以前に、店頭で払った「頭金」5,400円が「個別信用購入あっせん契約書」なるものに載っていない。普通、頭金って「内金」みたいに支払額の一部に充当されるものじゃないの?

 不審に思って、まずKDDIに電話。そうしたら「データが上がってくるの明日なので。」翌日に電話すると「代理店が請求しているものは個々の代理店に任せています。」契約者は私とKDDIでしょ。

 文面が残るようフォームで問い合わせ。今、ここに掲載しようとしたら文末に…。

-----------------------------------------------

 Copyright (c) KDDI Corporation.

All rights reserved.

 許可無く転載することを禁じます。

-----------------------------------------------

 先手を打たれていた。疚しさ満点という感じがする。とにかく「代理店へ」の一点張り。

 で、代理店(auショップ)に電話。「ですから頭金です。」だから、頭金って支払いに充当されるものじゃないの? 「詳しくご説明しますから、ご来店ください。」やっと暇を作って、今日、行きました。

 「当店が設定している価格はKDDIが設定している下限価格より安いので、システムに入力できないために高い値段を入力しています。そこで発生する価格を、お客様にご負担いただいております」

 え? 安いんなら客が負担するんじゃなくて客に還元すべきでしょ? ですから、本来10,800円払うべきところがキャンペーンで5,400円なんです。「ドヤ顔」って言葉を最近になって聞くようになり、どういう顔か判らなかったけど、ヤクザがやる、あれね。

 なんか納得がいかず、auショップは私が住んでいる特別区内にあり、すぐそばに区の消費者センターがあるのを知っていたので、その足で消費者センターへ。消費者センターの職員に契約書を見せて検討。

 職員も「判りませんね、KDDIお客様センターに問い合わせてみましょう。」いや、やったんですけど代理店に訊けの一点張りで…。で、代理店(auショップ)に架けてくれた。そうしたら開口一番「初期契約解除制度」が使えますよと。

 「嫌なら契約自体を止めれば」ということらしいが、そんな制度は聞いていないし。結局は「請求ミスでした」とのことで契約書を正しく修正することで落ちるところに落ちたのだけど…。その足でauショップに行って驚いた。

 店頭で払った5,400円どころか「新機種が出てキャンペーン中」のキャンペーンも適用になっておらず

5,400円どころか12,600円

も返ってきた。しかし請求ミスですか。どうして、あれだけ私に得々と説明していて気が付かなかったのか、疑問ですなぁ。皆さんも気を付けた方が良いです、人為的ミス。