それなりに1日が充実し始めた。

 今朝は早朝に恐怖感で目が覚めて、それから寝違えたように体中が痛くて起きたのは今。夜中、恐怖で目が覚める。朝、眠いわけではないのに起きられない。そういうことは病気をしたことがない人は解らないんだろうな。

 しかし、酒を止めてから1日が長い時間、使えて(それまでは午前10時ころから正午くらいまで飲んで、酒が覚めるのは夕方)、本を読んだり有意義なことに使えるようになった。

 歯の治療をしたところが相変わらず痛い。歯がいたいのだか頬が痛いのだか内示が痛いのだか、判らない。毎日、ロキソニンが手放せない。